HOME > はじめに > 園長のごあいさつ

はじめに

人生の根っこが育つ幼児期だからこそ、
信頼の中で、美しいものに囲まれて、わくわくする毎日を。

園長のごあいさつ

園長のごあいさつ

当園は1953年に認可幼稚園として開園しました。地域のみなさまに親しんでいただけるように当時の住所表記から「嶺町幼稚園」と名付けられ、64年間、幼児教育に取り組んでまいりました。創設者斎藤チヨの「人を愛する人間を育むこと」という願いは、当園の教育の根幹として受け継がれております。

子どもが家庭から社会へ歩みだす第一歩が幼稚園です。先生・友だち・初めての出来事、あたたかい信頼のなかで自分を発揮し学んでいく姿が、生涯にわたって「社会のなかで前向きにしっかり立っていく姿」につながっていきます。

当園の保育は、季節感豊かな園生活・想像力あふれる自由遊びを柱とし、R.シュタイナー教育理論の学びから、幼児の感覚に配慮した環境や芸術活動をおこなっています。子どもたちの身体や心、頭が生き生きと主体的にはたらく毎日を大切にしています。

これからの社会は人工知能の発展によりますます機械化が進むでしょう。
だからこそ、私達の「人としての能力」が大きな要になっていきます。その基礎が幼児期に育つのです。私達教師は広い視野のなかで幼児教育をとらえ、保育に取り組んでおります。

園長

手塚映子

このページのトップへ